お知らせ
2017年10月24日
10月17日、2017-2018年度ガバナー公式訪問開催

2017年10月3日
25年目を迎える佐賀南ロータリークラブ東与賀干潟環境保全活動として、10月1日(日曜日)午前8時から東与賀海岸清掃を行ないました。
澄みわたる青空のもと、地元・東与賀支所、まちづくり協議会、社会福祉協議会の方々のご協力もいただき、清掃活動を行うことができました。

2017年7月1日
ガバナー事務所開設のお知らせ
7月1日より正式にガバナー事務所として開所いたしました。
宜しくお願い致します。
住所など、詳しくはこちらをご覧ください。

2017年7月1日 1.クラブ概要の新年度版(2017-2018年度)を公開しました。
  ・藤井会長挨拶、駒井ガバナー地区方針と目標
  ・今年度RI運営方針、会長プロフィール
  ・委員会構成
 
2.活動紹介/クラブ奉仕活動に
    「健康・職務 祈願祭」と「2017年新旧交代会」を 載せました。

2017年5月30日
佐賀南RC 故南里和成名誉会員 追悼例会を開催いたしました。

2017年2月14日
1月16日よりサンディエゴにて開催されたRI国際協議会に
駒井ガバナーエレクトが出席いたしました。

2016年12月26日

12月17日(土)「クリスマス家族会」を開催しました。

2016年12月5日

2016年第二回職場訪問例会を11月15日に開催しました。
活動紹介/職業奉仕活動(職場訪問)をご覧ください。

⇒続きを見る 
ロータリークラブの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、 これを育むことにあります。具体的には、次の各項を奨励することにあります:

 

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること;

 

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し社
          会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること;

 

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また 事業および社会生活において、
          日々、奉仕の理念を実践すること;

 

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、
          親善、平和を推進すること;

ロータリーとは

佐賀南ロータリークラブ

 佐賀南ロータリークラブは、1985年7月10日、佐賀ロータリークラブをスポンサーとしてチャーターメンバー25名にて設立され、お陰様にて今年で30周年を迎えることができます。

 この間、シチメンソウ育成事業や児童虐待防止活動、佐賀歴史を後世に伝えていく伝承遺産継承事業等、地域社会のための地道な社会奉仕活動を行ってまいりました。会員数はこの30年間の社会情勢による増減はありましたが、現在様々な業種と幅広い世代からなる約40人にてアクティブに活動を続けております。

 

国際ロータリー

 1905年、アメリカ・シカゴに最初のクラブが誕生しました。メンバーはクラブにおいて1業種1人が原則でしたが、現在その縛りは緩められています。輪番・回転にちなみ、6本スポークの歯車がシンボルマーク(エンブレム)です。

 

 「国際ロータリー」(Rotary International)はシカゴ郊外のエバンストンにへ本部を置く世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域に33000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上です。職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的とます。基本的には「I serve : 私は奉仕する」を目的とし、クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされていますが、個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行われています。 ロータリークラブ活動の特色として、各クラブ毎に、独自の事務局を持ち自主独立運営が行われ、奉仕活動、寄付行為、会員の交流、友好事業等がなされています。

 

ポール・ハリス ライブ と ロータリーの歴史

日本のロータリー

 1920年、当時三井銀行の重役であった米山梅吉等が、東京都に日本初のロータリークラブ(RC)を、国際ロータリーから855番目に認証を受けて創立しました。

 

 東京RCがダラスRCをスポンサーとしているのに対して、日本で第2番目に認証を受けた大阪RCは国際ロータリー(RI)直轄で出来たクラブであり、親クラブを持たない本家クラブと呼ばれる日本唯一のRCです。

  ダラスRC会員であった福島喜三次が帰国後大阪に赴任し、星野行則とともに大正10年(1921年)大阪にロータリークラブを作る大正11年(1922 年)春、同年11月1日第一回の創立準備会を中之島大阪ホテルにて開催しました。その後チャーターメンバーを選び、クラブ細則原案を作り、大正11年 (1922年)11月17日に大阪RC創立総会となりました。

 

 その後日本全国にRCが次々に拡大していきました。第二次世界大戦による中断があったものの、戦後会員を拡大し現在世界第2のロータリー国となっています。

 

 現在の日本のロータリーは、クラブ数2,301クラブ、会員数87000人(2013年6月末)となっています。日本は3ゾーン編成で、34の地区に分かれており、そのうちの1地区にはミクロネシア、グアム、北マリアナ諸島、パラオという海外の地域も含みます。

  

 なお、各クラブの定款は言語の違いはありますが世界中同一のものを用いています。